試薬ボトルライン | 医薬品製造設備、化粧品、食品などの各種生産設備を設計・製作・販売のスズキエンジニアリング

 

043-488-6773

平日:8:30~20:00※日祝除く

試薬ボトルライン

TOP > 製品紹介 > 試薬ボトルライン

SFC-type 【小型中型ボトルライン】

 

SFC -type

 

SFC -type

 

SFC -type

 

SFC -type

 

SFC -type

 

SFC -type

 

Spec

概略 試薬容器に液剤を充填してキャップを巻締める機械です。
特徴 スズキエンジニアリング標準仕様機
充填方式 ぺリスタリックポンプ
処理能力 ~30本/分間
機器構成 容器自動供給装置
計量充填
キャップ巻締め
製品集積装置

設計者コメント

スズキエンジニアリングでは、定番の試薬ボトルラインです。
この機械は、小型から中型ボトルを対象とした標準仕様機になります。

ボトル供給装置
  • コンベアーレーン供給
  • ボトル方向合わせ機構付き
  • 過不足検知センサー付き
  • 交換部品はすべてワンタッチ交換が可能です。
くしば搬送方式
  • くしばにより間欠搬送します。
  • ボトル同士の干渉等が一切なく、満水充填時でも液跳ねリスクなし。
    駆動部にサーボモーターを採用し、速度、加速、減速が品種ごとに登録可能。
液剤充填部
  • スズキエンジニアリングでは定番のぺリスタリックポンプを採用。
    ピストンポンプとは違い、品種切替時の手間が大幅に削減されます。
  • 完全自動補正システム採用によりぺリスタリックポンプの弱点を克服。
    ぺリスタリックポンプの充填精度の乱れは主にチューブコンディションの変化
    液面変動などにより発生します。
    スズキエンジニアリングでは、全数計量を行いぺリスタリックポンプに、
    フィードバック制御を行って居ります。
なぜ、まだ一般的にピストンポンプが採用されているのか…

これは、単純に天秤の計量結果をフィードバックすればいいということではなく、天秤の扱いに熟知している必要があること、フィードバックソフトの改良を重ねて完全自動補正制御が完成している弊社だからできる独自のシステムです。

スズキエンジニアリングでは、0.5g~完全自動補正システムの実績があり、
充填機製作実績の80%はぺリスタリックポンプを採用しています。
試薬充填機等の多品種少量生産には飛躍的な作業効率の向上をお約束します。

キャッパー部
  • サーボトルクにより、精度のよい安定した巻締めトルクが得られます。
  • キャッパーヘッド昇降駆動部にはサーボモーターを採用しています。
    品種切替時には、自動で高さが変更されます。
  • 交換部品はすべてワンタッチ交換が可能です。
    スズキエンジニアリングではワンタッチ交換にも拘りがあり、
    交換時には「カチッ」という感触で安心感を得られるようにしています。
    感覚的なお話しですが、細部に渡り、このような配慮がなされています。
ハカマ搬送(ボトルホルダー)

弊社ではでは、可能な限りハカマは 1種 兼用が基本です。
10~30種類程度の複雑な試薬ボトルを 1種のハカマで兼用することは、
大変難しいことですが、弊社ではお客様のハカマ交換の手間、
ハカマの置き場所などを考慮し、できる限り兼用化に努めております。

SFC-type 【大型ボトルライン 】

SFC -type

 

SFC -type

 

SFC -type

 

Spec

概略 試薬容器に液剤を充填してキャップを巻締める機械です。
特徴 大型ボトル兼用ライン
充填方式 ぺリスタリックポンプ
処理能力 ~25本/分間
機器構成 容器自動供給装置
計量充填
キャップ巻締め
製品集積装置

設計者コメント

スズキエンジニアリングでは、定番の試薬ボトルラインです。

この機械は、小型から大型ボトルを対象としたボトルラインになります。

基本設計は、試薬ボトル標準仕様機(上頁)と同じですが、
ボトル全長が、「200㎜」を越える大型ボトルに対応可能です。

SFC-type 【棒瓶・硝子瓶・扁平ボトル対応のマルチライン】

SFC -type

 

パーツフィーダー供給
SFC -type

 

SFC -type

 

Spec

概略 試薬容器に液剤を充填してキャップを巻締める機械です。
特徴 マルチボトルライン
充填方式 ぺリスタリックポンプ
処理能力 ~25本/分間
機器構成 容器自動供給装置
計量充填
キャップ巻締め
製品集積装置

設計者コメント

扁平容器・自立できない棒瓶・ガラス瓶を対象としたマルチラインです。

扁平容器はスズキエンジニアリングの試薬ライン標準仕様機と同じです。
自立できない棒瓶(樹脂)は、パーツフィーダーにより供給されます。
形状は、丸、角、どちらも 1台 のパーツフィーダーで兼用が可能です。
ガラス瓶は、傾斜コンベアーにて自動供給されます。
小型中型ボトル、大型ボトル、棒瓶、ガラス瓶、各種ボトルに合わせて、
ライン構成のご提案をさせていただきます。

SFC-type 【フレキシブルな半自動機】

SFC -type

 

パーツフィーダー供給

 

Spec

概略 試薬容器に液剤を充填してキャップを巻締める機械です。
特徴 半自動タイプ
充填方式 ぺリスタリックポンプ
処理能力 ~10本/分間
機器構成 計量充填
キャップ巻締め

設計者コメント

スズキエンジニアリングでは、定番の試薬ボトル半自動タイプです。
扁平・棒瓶・ガラス瓶・大型ボトルなどいかなる形状サイズにも対応。
小型で安価な装置ではございますが、機能は自動ライン同等でございます。

各種お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

043-488-6773

Copyright(C)2017 Suzuki Engineering co.,ltd. All rights reserved.