高速重量充填ライン | 医薬品製造設備、化粧品、食品などの各種生産設備を設計・製作・販売のスズキエンジニアリング

 

043-488-6773

平日:8:30~20:00※日祝除く

高速重量充填ライン

株式会社スズキエンジニアリング > 製品紹介 > 充填機/キャッパーライン > 高速重量充填ライン

高速重量充填ライン【SFWR-type

高速重量充填ライン
  • 高速重量充填ライン
  • 高速重量充填ライン

Spec

概略 容器に液剤を充填する機械です。
特徴 ダイヤフラムバルブ使用
充填方式 ウエイトフィラー
処理能力 ~200本/分間
機器構成 粗充填
本充填

設計者コメント

低能力の間欠式から本機のような高速ロータリー式まで、対応可能です。
自動運転中の完全自動落差補正システムにて、極めて安定した充填精度をお約束いたします。

毎分200本まで実績があります。

さまざまなバルブシステムからご選択いただけます。
バルブメーカーのダイアフラムバルブ既製品から、当社オリジナルバルブもございます。

CIP/SIP に対応します。

全数充填量データー管理が可能です。
全数実充填量データーをメモリーカードに保存でき、集計結果(最大、最小、差、平均、3σ、CV値)はプリントアウト可能。
リアルタイムでも充填量及び集計結果を、タッチパネルからご覧いただけます。

充填量の補正が簡単です。
自動落差補正システムにより、補正ボタンを押していただくだけで自動補正します。
運転中も全自動インライン補正システムにより、必要に応じて自動的に落差の補正を行います。

洗浄及び型替えが簡単です。
当社独自のバルブシステムにより、簡単に分解が可能です。
オールサーボシステムにより型替時の調整は不要、交換部品はすべてワンタッチで交換が可能です。

さまざまな仕様に対応します。
クリンブース、防爆、IQ/OQバリデーション、CSV、Part11、輸出など対応可能です。

こんなお悩みお待ちしております。

実際に機械を見てみたい

当社にて機械をご覧になれます。
機種が限定されますが、導入先企業様への見学も可能です。

大がかりな設備は導入できないけど効率化したい

現状の課題に合わせて、部分的な効率化のご提案も可能です。

実際に充填テストをしてみたい

当社にテスト機を用意しています。
サンプル液でテストを行い、レポートをご提出いたします。

大規模な設備計画に対応する会社を探している

当社では半自動機種から高速機種まで対応が可能です。 取り扱い機種も多くラインでのご提案も可能です。

類似した機械の実績が知りたい

実際に当社で製造した機械の動画が多数ございます。
お申し出があれば、動画をお持ちします。

最新技術を知りたい

当社では、開発に力を注いでいます。
既設機とは違うアプロ―チのご提案をお約束します。

各種お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

043-488-6773

平日:8:30~20:00※日祝除く

Copyright(C)2017 Suzuki Engineering co.,ltd. All rights reserved.