バイアルライン | 医薬品製造設備、化粧品、食品などの各種生産設備を設計・製作・販売のスズキエンジニアリング

 

043-488-6773

平日:8:30~20:00※日祝除く

バイアルライン

TOP > 製品紹介 > バイアルライン

SFIE-type

SFIE -type

 

SFIE -type

 

Spec

概略 窒素置換・充填・ゴム栓打栓・巻締めを行う機械です。
特徴 ロボット採用
充填方式 ステンレスピストン(計量器付)
処理能力 5~30本/分間
機器構成 計量充填
ゴム栓打栓
アルミキャップ巻締め

設計者コメント

ゴム栓打栓・アルミキャップの供給を1台のスカラロボットで行っています。
対象品種が多かった為にロボットを採用し品種切替の時間を短縮しました。
この機械は、クリーンブースを搭載しています。

SFVA-type

SFVA -type

 

  • SFVA -type

    Ample

  • SFVA -type

    Vial

Spec

概略 液剤を充填し溶封 又は ゴム栓打栓をする機械です。
特徴 バイアル 及び アンプル兼用システム
充填方式 ペリスタリックポンプ、ガラスポンプ、ピペットより選択
処理能力 5~30本/分間
機器構成 液剤充填
バイアル:ゴム栓打栓/アンプル:溶閉

設計者コメント

設計コンセプトはバイアル・アンプルの兼用化です。
主に研究施設様などで御採用頂いて居ります。
充填方式も様々な選択肢を持ち、フレキシブルな設計となって居ります。

SFI-type

SFI -type

 

SFI -type

 

Spec

概略 バイアル充填ゴム栓打栓後に千鳥集積する機械です。
特徴 二連式千鳥集積機構
充填方式 ペリスタリックポンプ
処理能力 30~60本/分間
機器構成 計量充填
ゴム栓半打栓

設計者コメント

スズキエンジニアリングでは定番のループ搬送方式及び完全自動補正機能付きペリスタリックポンプに依る充填システムでございます。
この装置には二連式千鳥集積装置が備わって居ります。

SFI-type

SFI -type

 

SFI -type

 

SFI -type

type:ループ搬送

SFI -type

type:くしば搬送

SFI -type

ピストンポンプ(CIP/SIP搭載)

Spec

概略 バイアル瓶に液剤を充填しゴム栓を打栓する機械です。
特徴 CIP/SIP 機能付
充填方式 ピストン、マスフロー、タイムプレッシャーより選択
処理能力 60~300本/分間
機器構成 定量充填
ゴム栓打栓

設計者コメント

スズキエンジニアリングでは、処理能力 300本/分間まで御対応可能です。
低能力機から高速ラインまで、幅広く御対応させていただきます。

スズキエンジニアリングでは、様々な搬送方式・充填方式をご用意。
また、アイソレーターの搭載も可能です。

搬送方式: 1.スターホイル
2.スクリュー
3.ループ
4.くしば
5.ネック
充填方式: 1.ピストン
2.マスフロー
3.タイムプレッシャー
4.ぺリスタリック

また、CIP(Clean-In-Place)及びSIP(Sterilize-In-Place)にも対応して居り、
数多くのC/SIP実績がございます。
最近では、ピストンポンプも急冷対応可能ですので洗浄時間が短縮されます。


C/SIPとは…

接液部品を分解せずに定位置のまま洗浄滅菌する機構をいいます。
洗浄滅菌後の再汚染等のリスクから解消されます。

SEC-type

SEC -type
SEC -type

Spec

概略 キャップを自動で巻締める機械です。
特徴 アルミキャップ及びスクリューキャップの兼用巻締機
巻締方式 3 ロール/サーボトルク方式
処理能力 ~50本/分間
機器構成 アルミキャップ巻締め
スクリューキャップ巻締め

設計者コメント

アルミキャップかしめ・スクリューキャップ巻締めの兼用機です。
アルミキャップは 1ヘッド、スクリューキャッパーは 2ヘッド構成されます。
スターホイルを含む全ての駆動部にサーボモーターを搭載しています。
多品種兼用にも柔軟に対応可能です。

SER-type

SER -type

 

SER -type

 

Spec

概略 バイアル瓶にアルミキャップを巻締める機械です。
特徴 押し圧管理付
巻締方式 3ロール
処理能力 ~300本/分間
機器構成 アルミキャップ被せ
アルミキャップ巻締め

設計者コメント

写真の機械は3ロールに依る巻締めでございますが、
スズキエンジニアリングでは1ロールシーマーも製作して居ります。
SFEシリーズ (充填ゴム栓打栓機)との組合せで高速ラインを実現します。

SWV-type

SWV -type

 

SWV -type

 

Spec

概略 バイアル瓶を洗浄及び乾熱滅菌する機械です。
洗浄方式 超音波及びジェット水流
処理能力 ~300本/分間
機器構成 洗浄(超音波/ジェット洗浄)
滅菌(予熱/滅菌/冷却部にて構成)

設計者コメント

弊社では、洗浄滅菌トンネルを全て自社製作しています。
まず、超音波槽にて超音波洗浄を行い、ワークを反転させジェット水流にて
ワークの内外面を洗浄します。
その後、乾熱滅菌トンネルにて 300℃を越える高温下にてワークを滅菌し、
確実に脱パイロジェンフリー処理を行うことが可能です。
様々な、スズキエンジニアリング独自の設計構想が盛り込まれています。

SW-type

SW -type

 

SW -type

 

Spec

概略 バイアル瓶の外周を洗浄するための機械です。
洗浄方式 シャワー洗浄
処理能力 ~250本/分間
機器構成 粗洗浄(再生水)
本洗浄(精製水)
水切りエアーブロー
水切り温風ブロー

設計者コメント

バイアル外周、底面を洗浄水にてリンスして水切りします。
ゴム栓、キャップには洗浄水が掛からないようにしています。

SW-type

SW -type

 

SW -type

 

Spec

概略 バイアル瓶の外周を洗浄するための機械です。
洗浄方式 シャワー洗浄
処理能力 ~250本/分間

設計者コメント

スズキエンジニアリングでは、バイアルの外周に付着した飛散粉末などを
洗浄する、バイアル外周洗浄機を数パターンご用意して居ります。
バイアル外周、底面を洗浄水にてリンスして水切りします。
ゴム栓、キャップには洗浄水が掛からないようにしています。
各部にてバイアルは回転しながら搬送され、全周を洗浄します。
また、各種、特注仕様も製作して居りますのでお気軽にお問合せください。

各種お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

043-488-6773

Copyright(C)2017 Suzuki Engineering co.,ltd. All rights reserved.